借金の末に

お金のやりくりに苦労しない生活を誰もが望んでいることでしょう。
基本的な生活費を無理に切り詰めることもせず、さらには自分の趣味のために投資することが可能なくらいの余裕があり、その上将来のために貯蓄をすることができる、それくらいのゆったりとした家計ならば、ストレスもなく楽しい毎日になるに違いありません。


人生はお金がすべてではないとはいえ、現実問題お金に余裕がなければ気持ちにも余裕は生まれないものです。
つねにお金のやりくりを考えて生活をする日々を、多くの人が送っているのではないでしょうか。
とくに今の日本の経済状況は決して豊かであるとはいえず、定職に就くことすら厳しい人も少なからずいるのが事実です。
安定収入がなければローンを組むこともできません。


しかしローンを組んで人が定職を失った場合はもっと深刻で、支払いを滞納すれば当然トラブルになることは必至です。
どんな事情であれ収入を失ったからといってローン返済が免れるわけではありません。
また、趣味が暴走して出費がかさむ(ギャンブルなど)、ストレス発散のために買い物に走る(買い物依存症)、最近増加しているクレジットカードを乱用しすぎて支払いが滞ってしまう”クレジットカード地獄“など、借金返済のトラブルは身近にあります。
クレジットカードは手元に現金がなくても買い物ができてしまう、まるで魔法のような便利な道具であるために、金銭感覚がどんどん麻痺してしまい、その末路にはカードローン地獄から抜け出せなくなるという実態があります。
自分の返済能力をとうに超えた借金が目の前にあることに気づいた時には既に遅く、借金返済のために借金を繰り返すことで八方ふさがりになり、残されるのは法外な利子でお金を貸し付ける闇金を利用することだけ、という人も多いものです。


しかし、そこで決して闇金に手を出してはいけません。
取り返しのつかない状況になったとはいえ、気づいたその時に「まだチャンスがある」ことを知っておいて欲しいのです。
それが「債務整理」という方法です。

Copyright © 2014 債務整理を考える All Rights Reserved.